性病の一つであるクラミジア、この病気はなかなか気づかない人も多いといいます。気づかずにセックスしてしまうと相手に感染させてしまいます。その繰り返しをしてるうちにどんどんとクラミジアは広がっていき、日本で最も多い性病となりました。

クラミジアは気づきにくい?

クラミジアで不正出血が出ても自然治癒する?

クラミジアは、非常に身近な性感染症の一つで、すべてのセックス行為で感染者の粘膜に触れることによってうつりますが、あまり症状が出ないこともあるので自分が感染しているのに知らないうちにほかの人にうつしてしまう可能性のある病気でもあります。

女性の場合は、子宮頚管に感染し、不正出血や下腹部痛、おりものが変化するなどがありますが、感染していてもほとんど痛みもなく気づかない場合が多いです。
一方男性側は尿道に感染するので、膿が出たり痛みが伴うことが多いので男性の方が先に感染に気づくことが多いとされています。

女性の場合、人によっては不正出血や痛みなどの症状がほとんど出なかったり、出ても軽い症状であることが多いため、そのまま放置する人もいますが、自然治癒をすることはなく、ひどくなると子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあります。

また、クラミジアに感染していて不正出血などの症状が出ていたにも関わらず、知らないうちに治っていたので自然治癒したとしても、例えばそのとき同時に風邪や何かしらの病気で抗生物質を飲んでたとするなら、その抗生物質によって知らないうちに治療していた可能性が高いです。

症状が良くなったとしてもクラミジアの菌がまだ体内に残っている可能性もあるので、自然治癒したと思わずにきちんと専門医で診察してもらうのが良いでしょう。

クラミジアに限らず、性感染症にかかっているとHIVや淋病などのほかの感染症にかかるリスクも高くなりますので、自覚症状があってもなくても早めに治療するのが良いと言えます。

また、口を使ったオーラルセックスなどで喉に感染することもあり、風俗でのサービスで女性従業員の喉から男性の尿道に感染して、それがまた男性のパートナーにうつることも考えられなくもないケースですので、男性は特に注意が必要です。