性病の一つであるクラミジア、この病気はなかなか気づかない人も多いといいます。気づかずにセックスしてしまうと相手に感染させてしまいます。その繰り返しをしてるうちにどんどんとクラミジアは広がっていき、日本で最も多い性病となりました。

クラミジアは気づきにくい?

タイでクラミジア感染した場合の治療費について

海外療養費制度というものは我が国にはあります。やむを得ない事情で海外で治療を受けた場合、そのときは自由診療になり、治療費は自己負担になりますが、あとで申請を出すことで何割か返ってくることがあります。しかしあくまでも日本で受けることができる保険診療内の部分だけ治療費が却ってきますので、日本で保険診療外になっている部分は却ってこないことがあります。特にクラミジア等の性病で検査をするといった場合、治療になりませんので一般的には保険診療外になります。あくまでもクラミジアを治療する場合だけ保険適用になると考えてください。

タイの旅行先でクラミジアに感染しても治療費がいくらか戻ってくる可能性があります。タイで遊んでしまい、クラミジアに感染する人が増えています。それはタイだけではなく、異国の風俗で遊び性感染症になる人も多いです。タイで治療を受け海外療養費制度を使って、治療費が返ってきますが、多くの人が性病ということで申請をしない人が多いです。日本に帰ってきてから、検査を受けて治療を受けるという方法も選択肢に入れておくと良いでしょう。少し恥ずかしい申請になりますので検討してください。

性感染症のなかでも多い感染症になるクラミジアですが、発見が遅れると不妊の原因になる可能性があります。自覚症状が出にくい症状になりますので、不特定多数の性行為をした、または遊びで性行為をしたケースがある場合は、念のために検査を受けることをおすすめします。クリニックで検査することもできますが、一般的には保険適用されないケースがあり、また自宅で検査できる検査キットを利用することもできますので、心当たりがある場合は積極的に検査を受ける姿勢が大切です。