性病の一つであるクラミジア、この病気はなかなか気づかない人も多いといいます。気づかずにセックスしてしまうと相手に感染させてしまいます。その繰り返しをしてるうちにどんどんとクラミジアは広がっていき、日本で最も多い性病となりました。

クラミジアは気づきにくい?

クラミジアによる蕁麻疹や痒みについて

クラミジアによる蕁麻疹や痒みに関しては治療をしている段階で薬による副作用が出た場合に多い症状で、基本的には抗生剤が投与されるので、薬疹と呼ばれる蕁麻疹や痒みが起きる可能性もあります。しかしこのような症状は極稀に起きる副作用なので、服用をして蕁麻疹や痒みが発生した場合には医師に相談をして抗生剤を違うものにしてもらうなどの対処を必要とします。クラミジアを治療するためには抗生剤は欠かすことのできない薬なので、必ず服用しなければなりません。蕁麻疹や痒みがあるからと言って治療を中止してしまうと、クラミジア感染症が重篤な状態になるので、医師の指導にしたがって治療を進めなければなりません。また抗生剤による治療を一般的には1週間から2週間程度なのですが、薬の服用を終了した時点でもう一度検査をしなければならないので、検査によって感染症が完全に治癒したことを確認できないと治癒したとは認められません。またクラミジアに関しては何度も感染するおそれがあるので、パートナーも同時に治療をすることが必要で、協力が得られない場合には再発を繰り返すことになります。予防をするためには男性がコンドームをすることが重要で、粘膜の接触を減らすことで、感染のリスクを減らすことができます。またピルを服用している女性は妊娠の可能性がないので、男性が膣内射精をしてしまう場合がありますが、ピルの服用をしていると膣内に炎症が起こりやすいので性感染症になるリスクも非常に高くなります。クラミジアは放置していると不妊症の原因にもなるので、症状が軽くてもクラミジア検査を受けて、感染していることが確認できたら早期に治療をしなければなりません。