性病の一つであるクラミジア、この病気はなかなか気づかない人も多いといいます。気づかずにセックスしてしまうと相手に感染させてしまいます。その繰り返しをしてるうちにどんどんとクラミジアは広がっていき、日本で最も多い性病となりました。

クラミジアは気づきにくい?

クラミジアの新宿のクリニックでの治療

クラミジアは最も多い性感染症なので知らない間に感染していることが多いのですが、自覚症状がないので症状が出るまで気が付かない女性も数多くいます。クラミジアの症状としては生理の時のような腹部の痛みや、おりものの色の変化などがあるのですが、これらの症状があったとしても軽度の場合はクラミジアと気がつかずにそのままセックスをしてしまう場合があります。感染した場合には新宿の性病科のクリニックなどを受診して、簡易検査や精密検査を受けることができるのですが、短時間で結果を知ることの出来る検査は潜伏期間に検査をするとクラミジアを発見することができないので、正確な情報を得るためには新宿のクリニックで血中クラミジア抗体の検出検査を受ける必要があります。これは採血による検査で3日から5日後に検査結果が出されるものですが、ほぼ確実にクラミジア菌による感染症の有無を調べることができます。また性感染症の自覚症状はわかりにくいので、不特定多数のパートナーがいる場合には積極的に新宿の性病科のクリニックなどを受診して早めに対策をすることが重要です。とくに女性の場合は細菌が子宮の入り口から奥の方に移動することがあり、最終的には卵管まで達する場合があるので、妊娠している場合には早産や流産のリスクを高めてしまいます。また子宮内膜炎を起こすことがあるので、不妊症を発症することもあります。子宮内膜は精子が受精するために重要な役割のある部分なので、クラミジアの感染で子宮内膜に異常が見られる場合は精子が生存できないので妊娠することができません。治療は抗生剤の投与だけなので、比較的簡単ですが、耐性菌に感染している場合には抗生剤を変えて、1週間程度服用しなければならないので、1ヶ月程度の治療期間を必要とします。