性病の一つであるクラミジア、この病気はなかなか気づかない人も多いといいます。気づかずにセックスしてしまうと相手に感染させてしまいます。その繰り返しをしてるうちにどんどんとクラミジアは広がっていき、日本で最も多い性病となりました。

クラミジアは気づきにくい?

クラミジアの病気の特徴と検査の価格とは

クラミジアは細菌による感染症の1つで、性感染症の中でも最も発症人数が多いとされている病気です。近年では性行為の若年化や多様化が原因となり、若い世代の患者が多いとされその感染の拡大が問題視されています。クラミジアの病気の恐い点は、症状に気がつかないまま放置して感染者数を拡大してしまうところです。クラミジアの細菌は性器や口の粘膜の接触が主な感染経路となっています。性行為はもちろんのこと、オーラルセックスなどでも感染の恐れがあります。この病気の症状は男女で違いが見られます。男性の場合はこれといった症状が現れないのも特徴です。気付かないまま性交渉を重ねて、更なる感染者を出しかねない危険があります。主な症状としては排尿時の痛みや、尿道のかゆみや不快感が挙げられます。また悪化すると発熱を伴うこともあります。一方女性の場合は無症状の人が男性の割合よりも多く、約半数が症状に気がつかないといいます。症状が出る場合にはおりものが増加したり、下腹部の痛みなどがあるといいます。さらに悪化すると女性器からの不正出血などがあり、ここまで達すると症状は深刻です。しかも女性の場合はこのような症状のほとんどが生理不順の症状と酷似するため、見極めが非常に難しいとされています。そのため異変を感じたら、早めに専門の医師の診察を仰ぐことが大切です。検査によってクラミジアだと判断された際の治療には、抗生剤の投与が主な方法だとされています。気になる治療の価格ですがこのような性病も保険治療の範囲内なので、払えないほど高額なことはないようです。また最近では自宅にいながらにしてクラミジアの検査が可能なキットも多数登場しています。このような検査キットは様々なメーカーから出ていますがそれぞれに価格も異なります。平均すると13000円前後が相場価格のようです。