歯医者がおすすめする歯ブラシ

虫歯や歯周病などを改善、予防するためには毎日の歯磨きを丁寧に行うことが大切です。

また、そのための歯ブラシ選びも重要です。歯ブラシを選ぶときに、何気なくデザインや価格などで選んでしまうことがありますが虫歯が多い人や歯周病にかかっていると言った人はそういった選び方をしていては症状の改善につながらないことがあります。虫歯が多い人に歯医者がおすすめしている歯ブラシはどのようなものかと言うと、歯ブラシのヘッドが小さいものです。ヘッドが大きいものは手前の歯は磨きやすいですが、一番奥のほうは届きにくいことがあります。

また毛の固さが普通または柔らかめで毛の先が真っ直ぐでコシがあるものがおすすめです。毛が固くないと磨いた気がしないと言う人もいますが、固いものは歯茎を傷つけてしまうことがありますし、歯茎が下がって歯がしみる原因になることもあります。毛先が真っ直ぐで歯の溝にフィットするものの方が歯の磨きのこしを少なくすることができますし、コシがないものは歯垢をきれいに落とせないことがあります。歯周病が気になる人に歯医者がおすすめしているのは、毛先が細いもので固さが柔らかいものです。

歯周病が気になる人は歯茎が弱っていることがあります。歯と歯茎の間の隙間が広くなってしまい、そこに歯垢が溜まりやすくなっているので毛先が細いものが良いのです。また歯茎が腫れていたり歯茎が下がっていると、ブラシで歯茎に傷をつけてしまうことがありますからやわいものが良いのです。歯ブラシはドラッグストアーなどでも販売されていますが、歯科には歯医者がおすすめする歯ブラシが受付などに並べられていることが多いので、虫歯や歯周病をどうにかしたいと言う場合には歯科で歯医者おすすめの歯ブラシを購入するようにするのも良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *