歯医者おすすめの歯磨き粉

毎日きちんと歯磨きをしているのに、虫歯になりやすいと言った人がいます。

歯磨きの際には歯ブラシや歯磨き粉を使いますが、これらのデンタルケア用品はそれぞれ自分の口の状況にあったものを選ばなくてはせっかくケアしていても、虫歯ができてしまうことがあります。虫歯になりやすい人に歯医者がおすすめする歯磨き粉の選び方には、いくつかのポイントがあります。そのポイントとしてはまず、フッ素の濃度です。虫歯予防に不可欠なのはフッ素で、その濃度が濃いほど虫歯予防に効果を発揮しますが日本で販売されているフッ素濃度は1000ppm以下までとされているので950ppm以上のものがおすすめです。

次に発泡剤が入っていないことです。市販されている歯磨き粉の多くには発泡剤が入っていて、ブラッシングすると口の中に泡がたくさん立ちます。泡がたくさん立つことできちんと磨いた気になってしまい磨きのコシがないと思い込むことがあるので、発泡剤が入っていないものを選ぶようにすると良いです。また研磨剤が少ないことも歯医者おすすめのポイントです。研磨剤は歯の表面についた着色を落としてくれる効果がありますが、あまりたくさん入っていると歯の表面に細かい傷をつけてしまうことがあり、それによって着色しやすい歯になってしまいます。

歯周病が気になる人に歯医者がおすすめしているのも研磨剤が入っていないもの、そして薬用効果があるものです。歯周病の人の場合には歯茎が弱っていますので、薬用の成分が配合されているもので歯茎の血行を促進することがおすすめです。こういったポイントを押さえて自分の口の状況にあったものを選ぶようにすると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *