歯医者で使われるマイクロスコープ

歯医者では、とても精密な治療が求められます。

口の中にある歯は、1本1本が小さく、その小さな歯にある虫歯は更に小さなものになります。また、虫歯が進行すると、歯の神経まで到達してしまいますが、神経は歯の中にあるために、直接目で見ることができません。そのため、今までの神経の治療は歯医者の経験によるところが大きく、治療する人によって技術に差があるのが現実でした。虫歯になってしまった神経を全て取り除かないと、再発してしまいます。そこで、マイクロスコープを導入する歯医者が増えています。

マイクロスコープとは、顕微鏡のことで、自由に倍率を変更して最も見やすい状態で治療を行うことができます。肉眼では見ることのできない、歯の神経も拡大することで直接見ながらの治療が可能になりました。神経は歯の中に1本ではなく、複雑に枝分かれしています。マイクロスコープを使うことで、虫歯を完全に取り除くことができ、結果的に歯の寿命を延ばすことができます。

神経の治療に限らず、虫歯を削るときや、歯石を取るときにも、マイクロスコープを使うことでいつもより精密な治療が行えます。ただ、マイクロスコープはとても高価なものなので、全ての歯科医院にあるわけではありません。まだ日本にも置いてあるところの方が少ないのが現状です。これから普及していくことが予想されますが、拡大しての治療を希望する場合は、あらかじめ歯医者に問い合わせてみると教えてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *