治療に必須ともいえる歯医者のマイクロスコープ活用

歯の治療では単純に削るだけでは済まないことがたくさんあり、細菌がかかわるものや精密さを求められる場合に歯医者はマイクロスコープを活用します。

できるだけ自分の歯を残すことは重要であり、他の歯を抜けにくくさせる要素や顎の骨が細くなることを防いだり、食事をおいしく感じる感性や生きる喜びなど精神面にも影響を与えます。根管治療には高度な技術が必要とされますが、細かな作業がとても多く、時間や回数も必要となってきます。誤ったやり方をしてしまえば膿を持ったり腐るなどして歯が抜けてしまう恐れもあり、治療が遅れると歯根破折に至ることもあるため、歯医者がマイクロスコープの活用を行うのは必然的です。

料金が高いことを理由に避けたい考えの人も多いですが、丁寧な作業でも根管治療はうずいたり痛みを感じやすいものなので、高いレベルで治療を受けたいときには欠かせません。歯医者がマイクロスコープを使うと根管内部が良く見えるようになるメリットが治療のやりやすさにつながり、安全面でも唾液や雑菌などの余計なものが根管内に入ることを極力避けながら進めることができるため、患者さんの負担を軽減することに繋がります。

まだ導入を行っていなかったり、古いタイプを用いているため要領が悪くなっているクリニックもあるため、事前に最新設備の導入が済んでいるか確かめるべきです。導入している場合サイト上で紹介していることが多く、どんな治療に使われているかなど解説されていることも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *