歯医者が歯の治療に用いるマイクロスコープ

歯医者が歯の治療に用いるマイクロスコープと言うのは歯科顕微鏡と言うもので、最大20倍ほどの大きさまで患部などを拡大して診ることができる装置です。

これまでの歯科治療は歯医者が肉眼で見える部分での治療でしたが、マイクロスコープを用いることによって肉眼で見えないとても細かい部分まで確認することができ治療の幅を広げることができるのです。またマイクロスコープを用いた治療ではビデオカメラが内蔵されているものもあり、治療の様子を簡単に録画でき診療後にそれを患者と一緒に確認しながら説明ができ、患者も自分の歯の状態などを理解しながら治療を進めることができるのも大きな特徴です。。

マイクロスコープを用いることで、歯医者の視野を広くすることができるため歯周病の治療や手術などを行う際に患部がしっかりと見えるため、これまでのように経験や予測などに頼って余分なところを削ったりすることがなく、削る部分を最小限に抑えることもできるため患者の痛みを抑えることができますし、治療も短期間で終わらせることができるようになるのが特徴です。

また虫歯治療の際にも見落としなどがなくなるため早期治療が行いやすくなりますし、神経の治療や詰め物や被せ物と言った場合にも歯医者の視界が広がることで、正確に美しく行うことができるようになり歯科治療のすべての面で精度を高めることができるため患者も治療を安心して受けることができると言った特徴があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *