歯医者でのマイクロスコープの実用性と普及率

マイクロスコープとは非常に精度の高い、医療現場で使用される顕微鏡のことを指します。

通常は内科や外科などで治療や手術の際に使用されることが多いものですが、近年では歯科治療にも使用されることが増えてきています。歯医者においてマイクロスコープを使用する治療例としては、審美歯科が主であり、一般歯科では精密な虫歯治療や、歯の神経を抜いた方に施す根管治療の際に使用することが多いといえます。かつて歯医者での治療は歯科医が肉眼と自らの手を使って行うことがほとんどでしたが、それではやはり限界があり、人それぞれの歯の形状や虫歯の状態、口腔内の状況によって治療部が見えづらい、手にもった器具が患部まで届きづらいといった難点があげられていることも事実です。

マイクロスコープを使用することでそういった人の手で行う治療であげられた難点も解消することができる上に、適格な処置を患部にのみ行うことができるため、虫歯治療のために健全な歯まで必要以上に削ることや、虫歯部分の取り残しなどが完全になくなるといったメリットもかなり大きいです。

しかし歯医者では普及率は高いとはいえず、いまだに大学病院や一部の審美歯科や地域の歯科クリニックに少数導入されている程度といえます。歯医者でマイクロスコープが一般化しない理由としては、マイクロスコープを扱うための技術を持った歯科医師が少ないといった点が大きな要因としてあげられます。技術を取得するには特定の講習や研修を受講しなければならず、さらに機器を導入するには莫大な費用もかかります。これらが歯医者での普及率が低い理由としてあげられ、今後改善が必要であるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *